ホーム > 教化事業計画 > 開顕部会(2017)

開顕部会(2017)

開顕部会 2017年度 教化事業計画

目標

教区教化の現状を明らかにし、その課題を抽出する。

事業名称 趣旨・内容 対  象 講  師 会  場 期  日
組門徒会研修 「組門徒会研修カリキュラム」にもとづき、各組にて研修会を開催し、役職者研修としての充実を図る。 組門徒会員 同朋の会教導 各組寺院等 組内で協議
【組門徒会研修カリキュラム研修会】組門徒会員任期3年のカリキュラムの徹底と、組門徒会研修の実情を調査する。  同朋の会教導 和田 英昭  岐阜教務所 2018年1月又は2月
組門徒会本廟奉仕 3年の任期中(2018年3月9日満了)に一度は本廟奉仕し、役職者としての自覚を高める。 組門徒会員
組教化委員長
同朋の会教導
同朋会館教導 真宗本廟
同朋会館
組内で協議
教区門徒会研修 互いに意見交換、教区門徒会員の意義と役割について確かめる機縁とする 教区門徒会員

(組門徒会正副会長)

岐阜教務所 未定
教区主催帰敬式 帰敬式をご縁に、一人でも多くの真宗門徒が仏弟子として歩み出すことを願う。 受式者  千葉省 岐阜別院 12月11日別院報恩講
仏教公開講座 「生きるってどういうこと」をテーマに、寺族・門徒はじめ一般市民の方々の仏法聴聞の場として、日常生活の出来事や家族、いのちの問題など現代社会における諸課題を通して真宗の教えに学ぶ。12月~2月の冬季間のみ、午後2時からの開催とし、遠方からの参加者を募る。 住 職
坊 守
寺 族
門 徒
一 般
岐阜東別院 毎月20日
【仮称】

真宗入門講座

様々なきっかけでお寺にご縁を持たれる人々に、真宗の生活を習い、共に門徒になっていただくこと、そして、本願念仏に生きる一人の誕生と、受講者と僧侶・スタッフが共に学び合う場を創造することを目指す。【   組】(準備年度) 寺族・門徒 組・ブロック・寺院等で協議 組・ブロック・寺院等で協議 組・ブロック・寺院等で協議
教区指定推進員養成講座 今後の教区推進員養成講座のあり方を協議する。
【第15組】(アフター年度)

八幡・明宝地区

新たに誕生した推進員や養成講座受講者とともに、聞法の場を立ち上げて、念仏者の誕生を期す。

寺族

推進員

組・ブロック・寺院等で協議 組・ブロック・寺院等で協議

組・ブロック・寺院等で協議

【第15組】(本講座・実施年度)美並・相生地区

共同教化の実践として、推進員養成講座を実施。

名 称:「真宗入門講座」

テーマ:生まれた意義と生きる喜びを見つけよう

組内スタッフ

受講者

藤本愛吉

①福常寺

②蓮心寺

③照明寺

④真行寺

⑤安楽寺

⑥真宗本廟同朋会館

①6月11日

②7月30日

③9月30日

④12月3日

⑤3月11日

⑥5月19日    ~21日

【第  組(準備年度)

推進員養成講座の準備年度として、企画検討する。

 組・ブロックで協議  組・ブロックで協議 組・ブロックで協議
ページトップへ